ヒンドゥー教-文化によって異なる家族

ヒンドゥー教-には多数人の考えでは家族と言う意味は血縁関係だけだと思い込んでいる。よく考えて見れば、通常は夫、妻と子供たちの血縁の繋がりである。親とその子どもたちで、ひとまとまり(ひとつの単位)として一緒に暮らしているものちまたは血縁や結婚によって関係づけられた人々である。共通の先祖を持つ全ての人々である。関連性のあるものごとである親などに預けて育ててもらうといったことなどが当たり前のように頻繁に行われていて相互に人的交流がある
近代では家族の中に人物や動物も用いられる。または文化によって異なる家族である。あるいは宗教やそれに対する家族の流れだ。

異なる結婚 (一夫多妻)

ヒンドゥー教とはサンスクリット語でサナタン ダルマである、それはネパールやインドにある宗教または生活の規則として用いられている。これは世界で最古の宗教と呼ばれている。「サナタン ダルマ」の意味は人の由来の起源である。ネパールやインドのヒンドゥー教の異なる文化や伝統の混合と言われている。ヒンドゥー教では『ऊं』ホムは最も神聖な象徴である。サンスクリット語ではस्वस्तिक 『スヴァスティカ』『卍』とは、ヒンドゥー教や仏教で用いられる吉祥の印のことである。

ネパールでは結婚するときよく民族や家族の背景を調べる。なぜならば結婚を申し込んだとき名字によって異なる場合もあるからだ。
例えば、
ラナ家族      (王宮血縁)
ネワール家族    (営業マン血縁)
バフン 家族    (神父血縁)
チェテリ家族     (エリート血縁)
その他….
それらの家族は合同家族と見られてる。

愛は人間が普通に別の人のために感じているものである。愛は、相互の愛情から幸福に対する態度が混在している多くの感情が拡張される。これらは、魅力と個人的な関与の強い感覚が含まれている。自分自身で、または動物、あるいは物事に愛情を込めて愛を示すことである。例えば、家に飼っている犬や猫、身の回りあるもの、家族や恋人、または好きな物などである。

愛は人生だ(love is life)

ヒンドゥー教

 

まとめ

我々の国ネパールでは家族と愛は宗教的に繋がり、道徳律として守るべきと限定されているが近代では愛のことを転回している。物事として自分の好きなものスマトホーン、やお土産や人工的なもとに愛を示す。そうして家族の中に猫、犬または様々な動物を飼って愛を示す。全ての愛は人生の中に生き物となる。あるいは生まれてから死ぬまで人生の中に結婚と家族は非常に重要である愛は人生だ(love is life).

著者プロフィル
Shrestha Bikash  シュウレスタ ビカス
私はネパール出身です。平成1年7月10日に生まれ、2012年に来日しました。2014年に九州産業大学国際文化学部に入学し、2017年は留学生会の副会長をしています。留学生だけでなく日本人学生との交流イベントなどを企画し、皆が楽しい学生生活を送れるように頑張りたいと思っています。他にも、ネパールと日本を結ぶ団体に加入し、様々なボランティアに取り組んでいます。