福岡市 内のタバコのマナー

福岡市 では、2003年8月1日に「人に優しく安全で快適なまち福岡をつくる条例」を施行し、歩行喫煙による危険性・迷惑性を防止するため、市内全域で歩行中又は自転車乗車中に喫煙しないように定めています。
また、特に通行量の多い天神・大名地区および博多駅周辺地区の一部を路上禁煙地区として指定し、地区内の道路上での歩行中又は自転車乗車中の喫煙を禁止しています。

福岡市

福岡市

路上禁煙地区を中心に歩行喫煙防止指導員が巡回し、歩きたばこに対する注意・指導や条例の周知、携帯灰皿の配布等を行っています。
また、市政だより、ポスター・チラシ、ラジオスポット等による広報啓発も行っています

福岡市では、外国人観光客に対しても、マナーに関する注意喚起をしています。

ついうっかりやってしまったことが法律違反ということもあります。

以下、福岡市が提示している「観光マナーとルール」です。

 

日本の文化・生活習慣などを理解して、福岡での観光を満喫しましょう!

  1. 路上禁煙地区及び歩きたばこの禁止

歩きたばこや自転車に乗りながらの喫煙については、福岡市全域で禁止されています。天神・大名地区、博多駅周辺地区で違反すると、2万円以下の過料が科せられる場合があります。

  1. 空き缶等のポイ捨て禁止

空き缶、空きびん、たばこ、チューインガムなどのポイ捨ては、福岡市内全域で禁止されています。天神地区や百道浜地区などの指定区域で違反すると、3万円以下の罰金が科せられる場合があります。

  1. トイレの使い方

使用済みのトイレットペーパーは、ごみ入れに入れずにトイレに流してください。

  1. 写真撮影のマナー

撮影が可能かどうかについては、その観光スポットにおける案内に従ってください。また、商業施設の店舗内で撮影する場合や人物を撮影する場合については、事前に店舗又は相手方に許可を得た上で撮影してください。

  1. 携帯電話のマナー

日本庭園などの静かな場所やバス・電車の車内では、携帯電話をマナーモードに設定し、着信音が周りの人の迷惑にならないようにしてください。

 

特に罰金などを科せられた行為もありますので注意して下さい。

マナーを守って周りに迷惑を掛けないようにしましょう。

郷に入っては郷に従え が日本のルールです。