「小西一珠喜 博多祇園山笠 きりえ展」はかた伝統工芸館

 

きり絵とは、黒い紙をカッターナイフやハサミを使って切り抜き、白と黒だけで

独特の世界を作り出せる芸術です。
小西氏は、櫛田神社の前で博多の祭りを観ました。
生の博多祇園山笠を観て 男衆の熱気に背筋が震えるほどの凄い衝撃を受けました。
男衆の熱い心と迫力がガンガン伝わってきました。
そして、この男の祭りをきり絵で表現したい・・・と思ったのです。
(中略)

「よし、どうせやるなら博多祇園山笠のきり絵師になろう」と決意しました。
10数年間変わらずテーマは「博多」 博多の風景や博多美人、博多祇園山笠です。 、
私は、櫛田神社が好きです。 博多の下町の人々が好きです。
博多をもっともっと盛り上げるために自分にできることは何か・・
あせらずやれることをひとつづつ残したいと思っています。
そして 最終の夢は、世界一愛されるきり絵師になること・・・・・

 

はかた伝統工芸館では、6月8日(木)~6月20日(火)まで、「小西一珠喜 博多祇園山笠 きりえ展」が開催されます。
小西一珠喜氏は博多きりえ作家として、博多祇園山笠を中心に数々の作品を誕生させ、海外での展示会など幅広く活躍の場を広げています。
小西一珠喜氏の博多祇園山笠を中心としたきりえの作品約50点を展示・販売し、いよいよ動き出す博多祇園山笠を前に、博多祇園山笠を盛り上げます。

 

≪小西 一珠喜(こにし かずよし) プロフィール≫
2005~2006年 NHK山笠番組で山笠きりえが採用される
2007年  アクロス福岡で個展
2008年   ニューヨーク国連国際学校、春祭りで展示会&ワークショップ開催
2011年  博多リバレイン入口に巨大きりえアート展示
2013年   日本郵便から「黒田官兵衛」の切手付絵入りはがき販売
2014年  日本郵便から「博多祇園山笠」の記念切手シート販売

 

INFORMATION

開催期間:2017年6月8日(木)~20日(火)  10:00~18:00(入館は17:30まで)
※最終日は17:00まで

開催場所:はかた伝統工芸館 1階 企画展示室(福岡市博多区上川端町6-1)

アクセス:・地下鉄「祇園」「中洲川端」駅から徒歩5分
・西鉄バス「川端町・博多座前」から徒歩5分、「キャナルシティ博多前(国体道路)」から徒歩3分

料金     :入場無料

お問い合わせ:はかた伝統工芸館  TEL 092-409-5450

URL :http://hakatakirie.com/yamakasa.html