七夕 といえば

七夕といえば、七夕飾りや願い事を書いた短冊ですよね。

保育園や幼稚園では必ず行われる行事ではないでしょうか。

子どもたちが笹に飾った飾りや短冊、
何気なく眺めているけど、そもそもどんな意味があるの?

なぜ、短冊に願いごとを書くの?

と疑問に思ったことはありませんか?

せっかくの日本の伝統的な行事です。

子どもにも わかりやすく簡単にその意味や由来を教えてあげたいですよね。

 

七夕の起源には数多く説があります。

その中でも

(1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」
(2)おりひめとひこぼしの伝説
(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

という3つの行事があわさったというのが有力と言われています。

 

(1)日本の神事であった「棚機(たなばた)」

「棚機(たなばた)」は古い日本の禊ぎ(※)行事
(※自分自身の身を氷水、滝、川や海の水で体を洗い清めること)

乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり
人々のけがれをはらうというものでした。

選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、
神さまのために心をこめて着物を織ります。
そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機でした。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に
行われるようになりました。

現在”七夕”という二文字を「たなばた」と当て字で読んでいるのも、
ここから来ていると言われています。

 

(2)おりひめ と ひこぼし の伝説

ベガ(琴座)は織女(しゅくじょ)星で裁縫の仕事、
アルタイル(鷲座)は牽牛(けんぎゅう)星で農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで
最も光り輝いているように見えることから、
中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、
七夕ストーリーが生まれました。

 

(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

「乞巧奠(きこうでん)」は、中国の行事で7月7日に織女星にあやかって
はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。

庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げました。
やがてはた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。

日本古来の行事と中国から伝わった行事が合わさり、
平安時代からは宮中行事として七夕行事が行われるようになりました。

庶民に広まり、全国的な行事となったのは江戸時代で、
そのころから、野菜や果物のお供えものをするだけでなく
短冊に色々な願い事を書いて笹竹につるし、
星に祈るお祭りと変わっていったといわれています。

 

七夕で笹竹に短冊を使うのはなぜ?

 

笹の葉 さぁらさらぁ~ のきばに揺れるぅおぉ星さま きぃらきらぁ~ 空から見てる。

ごしきのたぁんざくぅ~ 私が書いたおぉ星さま きぃらきらぁ~ 金銀すなご♪

「たなばたさま」の歌、ご存知です・・・よね…

笹竹に短冊などのお飾りを飾る七夕飾りですが、なぜ?笹竹に飾るのかはご存知ですか?

短冊に代表されるお飾りの意味も併せてどうぞ^ ^

 

なぜ笹に飾りをするの?七夕飾りに意味はあるの?

どうして笹に飾るのかの由来は定かではないのですが、
笹は昔から邪気を祓う役目があると考えられていました。

また、笹は大きく空に広がるように成長するため、天に願いを届けてくれる。
笹の葉は「船」の形にもなることから、願いを星に運んでくれる。

そういった人々の願いから笹に飾るようになったといわれています。

 

飾りにも、それぞれ意味があります。

短冊を掛ける・歌を歌う…字が上手になるように。習い事が上達するように。

ひし形つなぎ・あみ飾り…もともとは布や飾り糸で、裁縫がうまくなるように。

折鶴・・・家族が長生きしますように。

ちょうちん・野菜・・・神様やご先祖様へのお供え物。

投網・・・豊漁になりますように。

短冊だけでなく、飾りにも願いをこめて作りたいですね。

 

一年に一度7月7日の夜だけ会うのを許された織姫も彦星、

あなたにもそんな大切な人が周りにいますか?

そんな掛け替えのない人を、一生大切にしていきたいですね。